くくむ農園の太陽光発電装置

世界を襲った石油危機で太陽光発電に目が向けられた

未分類

太陽電池って何?

太陽電池は太陽の光エネルギーを電気エネルギーに換える装置 です。それは前節で述べたような薄い板のようなものです。これを太陽光の当たるところに置くだけです。

発電のために行うこと

太陽電池で発電するために、住人が行うことはなにもありません。専門家に頼んで、屋根や壁など太陽光の当たるところに設 雌が置してもらうだけです。あとは腕を組んで眺めていれば、太陽電池が勝手に発電してくれます。そのときそのときの発電量はメー ターにでてきますから、それを眺めて、「景気よく発電しているな」とか、「太陽が隠れたかな」などと言っていればOKです。

電力の使用

太陽電池が発電した電力は、そのまま家庭で使うことができます。しかし太陽電池の電力は直流ですので、家庭で使うためには インバーターという装置で交流に変える必要があります。また、太陽電池は太陽の光エネルギーを電力に換える装置で すから、お天気がよくて太陽がサンサンと照れば多くの電力を発 電しますが、雨や曇りの日の発電量は多くはありません。ですから、電力会社の電力も使えるようにしておかないと、、常生活に 支障がでることになります。

電力の販売

一方、夏のカンカン照りの日には、使いきれない電力を発電す るかもしれません。そのようなときには、余った電力を電力会社 に売ることができます。値段は政府と電力会社の相談で決まり ます。したがって太陽電池を設置した家庭では、太陽電池の発力を売って収入を得ることができることになります。そして、そ しようかんのお金を、太陽電池の設置料の償還にまわすことができるのです

-未分類